Tel:090-1381-0621受付:9:00~17:00休業日:土日祝

後遺障害とは


後遺障害とは何でしょうか。
また、“後遺障害”に似た言葉に“後遺症”があります。
この2つの違いは何でしょうか。

後遺障害と後遺症


後遺障害と後遺症は一般的にはほぼ同じ意味と思われていますが、実は“後遺症”と“後遺障害”には重要な違いがあります。

後遺症 治療を続けたにもかかわらず完治せず、将来的に回復が見込めない身体的又は精神的な症状が残っているようなことをいいます。
一般的に、被害者の方や医師が考えているのは、「後遺症」です。
後遺障害 交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害が、それ以上治療を続けても症状が良くも悪くもならない状態に達した(いわゆる症状固定)後に 労働能力の喪失を伴う症状と言われています。

つまり、交通事故により受傷し、一定の治療の末残ってしまった症状、すなわち「後遺症」のうち、上記の要件を満たしたものを「後遺障害」として等級認定し、損害賠償請求の対象とされています。
すなわち、補償の対象となる「後遺障害」は、残存する障害によって労働能力が失われたこと対して損害を補填することが目的とされています。
ですので、医師から「後遺症は残るでしょう」と言われた場合でも、必ずしも補償を受けられる「後遺障害」に該当するとは限らないのです。
また、補償の対象となる「後遺障害」に該当するか否かは主治医が決めるわけではなく、実務的には損害保険料率算出機構で判断されます。
よって、「後遺障害」の等級認定には、医学的知識はもちろん、高度な法的知識、業務の経験が要求される事柄であります。




  → 後遺障害と認められるには






お問い合わせ

交通事故、後遺障害等級認定、異議申し立て、全国対応いたします|初回相談無料|北川行政書士法務事務所

TEL:090-1381-0621
受付:AM9:00~PM7:00
定休日:土・日

お問い合わせフォーム

初回相談料無料

↑ PAGE TOP